So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ワークテーブル製作 [仕事]

ギターをいじる用の机として、仕事用と同じ机を製作(板を買って脚をつけてオイルを塗るだけ)し使用していたのですが、不注意で天板の真ん中にヒビ(割れ)を入れてしまいました。

とりあえずごまかして使っていたのですが、なんとも気分が落ち着かないので代わりにワークテーブルを製作することにしました。

今回用意したのはYHT NET SHOP(http://yhtnetshop.yht.jp/)で扱っているSIMPSON金具のワークテーブル用セット。と言ってもRTCリジットタイ・コーナーコネクターというパーツが4個でまとめ買いできるというもの。これを2セットと専用のネジとともに購入して約8000円。

あとは2×4材(1820mm)を6本と天板を止める金具。それと天板は、割れてしまった机の板を切断、接着し、さらに3mmのラワン合板を接着して再利用。下に敷く棚板は9mmのOSB合板。

2×4材、ラワン、OBS合板は近所のシマホで購入。材料の合計金額は先の金具も込みで13000円くらいでした。


作り方は簡単。切ってヤスリで削って整えてオイル塗ってネジで金具を留めるだけ。



なんですけど、難しいのは材料を同じ寸法できっちり揃えて切ること。卓上スライド丸のこがあれば簡単なんですが、丸ノコしかもっていなくて、これがなかなか難しい。これでもだいぶ上達してきているのですがやはり1mmくらいの誤差が出てしまう。微妙な長さの違いには目をつむりつつ、、、、1日目でとりあえず枠(脚)が完成。

180406-1.jpg


そして一番難しいのが再利用する天板のカット。もともとサイズが1500mm×750mmあるのを1220mm×610mmにサイズダウンするのですが、これがまあ難しかった。ちゃんとガイドとなる木材をあてて切っているのですが、長い辺を切る時にどうしても力が均等にかけられなくて微妙に曲がる。カンナで修正をするのですが、それもなかなか難しくて、結局寸法より2mm~4mm小さいところが出てしまう歪な天板が完成(涙)。

ま、そうはいってもガシガシ使って汚していくものだし、とりあえずガタガタしなければOK! ということで自分を納得させました。

完成がコレ。

180406-2.jpg

その後棚板の余りを使い、下段にもう一段棚を作りました。


プラモデルと同じで作っている時が最高に楽しくて、完成してしまうと微妙にテンションが下がるこの性格。また新たなものを作りたいなあ。


なんにしてもやっぱり卓上スライド丸のこ買おうかな…。あと電動カンナも。

真っ直ぐ、直角、水平、平行。何気ない事ですが、これを出すのが本当に難しい。職人さん、大工さん、心から尊敬します。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。