So-net無料ブログ作成

YAMAHA LB1にXTCTを入れてみた [遊び]

TRBが来たことで、なぜだかLBを改造したくなり、
思い切って実行に移しました。

まずはいつもお世話になっているサウンドハウスさんから
BARTOLINI XTCTとDIMARZIO DP149、
ミリシャフトのミニポット(25KA×1、500KA×2、250Kバランサー)と
SWICTHCRAFTのストレートジャックを購入。


翌日に届いて、すぐに作業にとりかかります。


で、その前にメーンベースであるinnerwood Gig4にDP149をつけてみます。
もしも良かったらそのままこちらにつけて、Gig4のPUをLBに移植、、、などと考えていました。

さっそくGig4のPUを外してみると、あれ? このPUはオーダーした時点でDIMARZIOのウルトラジャズってはずだったけど、まるでフェンダーのPUみたいだぞ????
どこにもメーカーやモデルのシールもなく詳細不明??? まじか?
もう18年も前にオーダーしたベースだけど、その間ずっと騙されていたのか?
それともウルトラジャズってモデルチェンジしたのか??

このあたりのことは真相はわかりませんが、ともかくこのGig4の音が好きになので、問題なしですが。

で、とりあえずDP149をつけてみました。


161006-5.jpg
IW Gig4につけてみた。

161006-6.jpg
ブリッジ側も。

161006-7.jpg
Volポッドをちょいちょいとハンダづけ。TCTはそのままです。


アンプで音を出してみると、、うーん??? 音悪い???
元々のPUのクリアな感じがなくなり、少しブーミーな圧力のある音がします。
PUの高さを調整したとしても、クリア感がないのがどうしても好きになれません。



ということでやっぱり元に戻すことにしました(笑)。


正体不明のPUですが、やっぱり好きです。




さてさて、気をとりなおしてLB1の中身を取り出します。

161006-1.jpg


基盤にポットもくっついたタイプ。現行のTRBにも通じるヤマハの得意技。
さすが超大手。でも音は最悪でした。元々最悪なのか、経年変化で最悪になったのかわかりませんが。
今、その音が好きになれないのだから、捨てても後悔はありません。

161006-2.jpg

取り出した内臓。


さて、XTCTは配線が複雑です。EMGにすれば楽チンだったんですが、
やっぱりコレ系の音が好きなんですよね。目指せNYサウンド(笑)。

箱に入っていた配線図をよく確認しながら、細々とした半田付けをしていきます。

完成! と思ってアンプにさしても全然音が出ない!?


とりあえずテスターを使って配線を一ずつチェック。
ジャックとのところ、トレブルのポット、バランサーポットと三箇所もミスしてました。
判明したところを直して再度音出し。

161006-4.jpg

XTCTは文字が見えるように両面テープで固定しました。


無事に音が出て、PUの高さとトリマーでMidのカットする量を調整して終わり!

トリマーはかなりしぼり気味。
時計で言うなら40分の位置(10分〜50分の位置まで回ります)。
このくらいがスラップした音が気持ち良いです。指の時はすこし音が凹みますが、
好みなので問題なし!

161006-3.jpg

PUホールが隠れているPUのほうがオリジナルの雰囲気が保てるのですが、
今回はこれで良しとします。

飽きたらまた交換しよ〜〜〜っと。



もともとのYAMAHAの音から、ご機嫌なNYサウンドヘ変身(笑)。

スルーネックなのもあるし、PUの位置がジャズべより少しブリッジ寄りなので
全体に音が固めで、でも音の立ち上がりは早くない。
表現が難しいですが、ジャズべとは全く違う感じですね。


ネックの状態が悪いので、弦高も下げられずイマイチですが、
サウンド面ではとりあえず満足しました。


次はネックですが、こちらはリペアショップにお願いするしかないですね。
私にはできません。


おまけ

仕事場のMacProを買い換えました。
今度はMacBookProです。

5月に買い換えた自宅用のMacを全く同じモデル。

ということなので自宅のタイムマシンのデータをそのままこちらのMacに移行。
完全なクローンが簡単に作れるのが素敵です。

161006-8.jpg


ちなみにMacProは壊れたわけではないです。
ただCC2015のフォトショがファイル保存できなくなるという
恐ろしいことになったので、思い切ってマシンごと買い換えました。

MacProは4台入れていたHDDを取り出してから、
あらためてCS6用のセットアップをする予定です。

nice!(0)  コメント(0) 

ベースの弦を買いまして。 [遊び]

160914.jpg

最近ギターよりもベースを弾いています。

きっかけは前回のLBをGETしたから。


やっぱりヤマハのデザイン好きなんですよね。
これは仕方ない。
音は嫌いなのに……。


LBは前の持ち主がいい加減なのか、
ろくに半田してない配線があったりして
こちらで手直しをしてみました。

どちらにしても音はクソです。

PUが死にかけているのか?
そんなことがあるのか??

とにかくペラッペラの音で、
SWRのアンプを使っても、PJBのアンプを使っても
まともな音がしません。
悲しすぎます。

ということでアンプに繋がないで弾いているのが楽しいです。
ネックもあやしいですが、一度ぐっとトラスロッドを絞めました。
するとネックが随分安定して1弦13Fの音詰まりが少し良くなりました。
波打ちなのかなぁ?? フレットの浮き??

いろいろコンディションが気になって仕方ない奴です。


さて、写真のベースの弦。

この弦の意味がわかる人がいるでしょうか?
ベーシストなら、わかるでしょう。


ということで、絶賛大人気の
インドネシア生まれのあいつがやってきました。


続きはまた今度。
nice!(0)  コメント(0) 

YAMAHA LB-1JJがやって来た! [遊び]

LB1-1s.jpg
このBassに反応する人、ましてや「いいね〜」って思う人は
そうそういないと思いますが、
高校生でバンドを始めた時、YAMAHAのカタログを見て「これ欲しい〜〜」って
ヨダレをダラダラたらしてしたのがこの「LB-1 JJ」。

LB1-3ss.jpg
MOTION LBの文字! テンション上がる〜〜 ←おかしい人
MBシリーズは手頃でしたがミディアムスケールだしね。
LB-2というボルトオンタイプは少し安かったです。


高校生当時、初めて買ったベースが「YAMAHA RBX500」。
まだベースのチューニングのことさえ知らず、
バイト代をもって高田馬場にあった今は亡きムトウ楽器店で、
予算内で買えるベースがそれでした。

その後ベースにはまりいろいろ詳しくなると、当時かなり高級ラインだった
LB-1JJに憧れを抱きました。

スルーネック!(きっとすごい!)
JJだからジャズベの音がするはず!(RBXはPJだし)、
チョッパーで叩いたら気持ちいいはす(ただの思い込み)と
想像を膨らませカタログを見つめ続け、
いつか手にいれるぜ! と思っていました。

そして25年後、オクで入手。
当時カタログにあったのと同じ黒のJJです。

落札金額も当時の定価から考えればギリ適正。
けど届いてびっくり、安いだけあってボロボロでした。

おそらく何人もの人の手を渡っていて、途中でかなり酷使
されているであろうことが、随所に見られます。



以下今後のリペアというかレストアを踏まえて
細かく見ていきましょう。



LB1-4ss.jpg

LB1-11ss.jpg

ヘッドは2対2でとてもコンパクト。頭が軽いのでモモの上でもバランス良し!
ペグはシャーラー(M4S)のOEMとかノックダウンとかかな?
ともかくとても安定した動きです。金色が落ちているけど、このパーツは良い!!



LB1-9ss.jpg
このベース自慢のスルーネックはかなり怪しいです
(ハイ起きじゃないか? あとロットが効くのか??)。
1弦12F付近で音が詰まります。弦高高めにしてますが、弾きにくい!
フレットのすり合わせでしのぐことも出来そうですが、ネックのリセットも含めて
指板修正、リフレット、ブラスナットなどすべて新しくする予定です。
まさにこのベースを再生するに一番ネックになるのが
このネックでしょう(ネックだけに)。



LB1-5ss.jpg
おそらくジムダンロップのロックピン。ここだけ新しいので、
誰かが何度も付け外しをして、穴が広がり塗装もはげています。
ここはしっかり穴を埋めて、もう一度インストールする必要ありです。




LB1-7ss.jpg
当時のYAMAHAお得意の凝った作りのブリッジ&シールドジャック。
いや、この時代の日本のメーカーはみなこんな感じだったかも。
ブリッジはネジがナメています。そして汚れが中に詰まっています。
こちらも金色が消失。弦高いじるたびに
オクターブチューニングが必要ってものわからない。
ユーザーへの何かの挑戦ですか?? 
このパーツはほかのものに変えたいところですが、
そうするとLBっぽさがなくなるので悩むところ。
とにかくネジ類は新しいものにしたいですね。

ボディーお尻ですが、ラッカー塗装なので
ケースの中で放置されている間に溶けて
生地の模様が付いているところはあるし、
ハゲて木地が見えたところは適当に塗ってあるし…。
全塗装、決定です。




LB1-6ss.jpg

LB1-10ss.jpg
ここが肝のピックアップ。
YAMAHAオリジナルのAlnicoJJ。回路もオリジナルのアクティブタイプ。
これが、何ともかんとも残念な感じで、、、、
低音がしっかりくっきり輪郭があるわけでもなく、
中域もパンチがあるわけでもなく
高域も特にキンキンすることもなく。
という感じで言葉では特徴を言い現すことができません。
なんていうか、中庸、普通。
バンドの中で埋もれる可能性大。
EMGでもないし、バルトリーニでもないし、
ああ、これってYAMAHAだよねって感じ。
私は昔からYAMAHAの音が嫌いです(デザインは好き)。
好きだったら今ごろTRBを持っていると思います。

ですのでここはためらうことなく他のものする予定。
何にするか迷い中ですが、アギュラーOPB1かXTCTを入れる。
EMGでもいいかなぁ。最近のアクティブのトレンドを知らないので
ここはゆっくり迷いたいです。



LB1-8ss.jpg
裏です。

スルーネックの感じがうっすら見えていますね。
塗装を剥いで木目を見たいですね。
いちおうメイプルトップらしいので、どんな感じなんだろう。
いずれ全身を再塗装するつもりなので、もしも木目が良ければ
それを生かす塗装に、イマイチなら同じく黒にしようと思います。

電池ボックスは新しいものを入れたいです。
裏フタはひどいです。ブラ板をハサミで切って作った適当なもの。
あたりまえですが、ここは作り直します。



という感じで、想像の10倍ひどかったです。オク恐るべし。
出品者の写真もかなり適当だったので
そんな細かいところまで写っていないし、
それを落札する方が悪いってか??

別に出品者に文句言う気はありませんが。

似たり寄ったりのものがもっと高く売られてたりもしますし、
当時も大して売れてなかったので本数も出てない中で
とりあえず私の手元に確保できただけで良しとします。

というわけで、このベースはしばらく放置プレイですが、
いずれ全ての完璧なレストアをして、メーンBassにします。

まずは再塗装で必要になるロゴ部分を
イラレで複製することから始めます。

先は長い!


何の役に立つかわかりませんが、当時のスペックを書いてみます。

LB-1
ボディ:Tクロスメイプル・ラウンドトップ+アルダー・ラウンドバック
ネック:メイプル+マホガニー5P(スルー)
指板:エボニー
スケール:860mm(24F)
PickUp:J&J Alnico
ブリッジ:OGEB-205
コントロール:1V、TR、B、バランサー
ハードウェア:ゴールド
nice!(0)  コメント(0) 

Macが壊れた! [仕事]

10日ほど前になりますが、自宅で仕事用に使っているMacbookProが壊れました。

起動したら、画面が横にずれてフリーズ。
その後強制終了させて起動してみるも、途中で画面がシマシマになりフリーズ。

という具合です。


その日はよりによって締切の日。


仕事のデータは外付けHDなので問題なし。
ただ、翌日以降も締切が立て続けなので、自宅で仕事ができないと
事務所に1週間以上缶詰になってしまう……。


そうなると選択肢はただ一つ。

事務所のmacで仕事を終わらせつつ、
新しいmacを買ってきてセットアップすること。


幸い朝の出来事だったので、すぐにデータの入ったHDDを持って事務所に行き、
赤字修正をしつつ、ヨドバシで新しいMacbookPro を注文。
翌日配達まで待ってられないので新宿の店頭で受け取り再び事務所へ。

160601-1.jpg

そこからは突貫でAdobe CCを入れてフォントを入れて、
その他必要なアプリを入れてなんとかindesignとPhotoshopが使えるようになり、
その間になんとかその日の校了を乗り切って自宅へ。

翌日は朝からメールデータをTime Machineから移行して
CC2015で仕事開始です。

その後10日間は何とか乗り切り月末の締切ラッシュ終了。


とにかく急いでいろいろインストールしたので、
だぶっているメールボックスのデータやら、すぐに止まってしまうアプリやら、
壊れたフォントデータやらいろいろ無駄なデータが多くて、
SSDのアキも100Gを切っている状況。

このまま使い続けると、いろいろ問題が起きそうなので
思い切ってクリーンインストールをすることにしました。

160601-2.jpg

さすがに2度目なので、無駄なインストールもなく、
メールボックスも丁寧に一つづつ読み込んだので
今回は400G近いSSDのアキを手に入れることができました!


現行のMacだとAdobeCC2015しか動かないので、
印刷所によってはPDF入稿をお願いされたり、
お手伝いしてくれるデザイナーさんにはcs6で開くように
データを渡したりと色々手間ですが、こればっかりは仕方ないです。
完全にAppleとAdobeに従うしかないです。

ということで今度は10.8で使っている事務所のMacProを10.11にしないといけません。
まあ、本体内に4つもHDDが入れられるので、HDDごとに環境を作っておけば良いので
トラブルの心配はなし。ただただ私が面倒くさいのでヤダってだけです。


それにしても事務所のMacProが壊れたらどうしよう…。
今だとiMacを買うのが一番コストパフォーマンスが高そうです。
でもゴミ箱MacProも捨てがたい。あれはひさしぶりにわたし的萌えMacです。
エディトリアルにそこまでの性能が必要なのかは分かりませんが。
高いんだよな〜〜。



nice!(0)  コメント(0) 

P90へ交換 [遊び]

10400355_1083678055016988_1990773649254420240_n.jpg



インフルから復活しても忙しいのが続き、例の悪い病気が再発。


「ギター欲しい病」です。



まあ、半端な気持ちで買うと「安物買いの銭失い」になるので、
今回はLPのPUをミニハムからP90に交換して
新しい音を手に入れて、1本ギターを買ったつもりになって
この病気をやり過ごすことにしました。


ミニハムを搭載しているLPは加工しないでP90に出来るということで、
いちおうネットでそれぞれのサイズを確認してから
ダンカンのSP90-3を注文。
コンデンサやポッドなどはそのまま流用。

12742162_1083684215016372_2971188065090717577_n.jpg


まずは取り外し。

ナンバードのミニハム。76年当時のモノらしいです…。



12801372_1083678058350321_7113839718555358530_n.jpg


あっさり換装。

ボディーにネジ穴をあけて、まさにダイレクトマウント(笑)。
最近のモノは金属のアンカーがボディーに埋まっているそうですが、
手に入らなかったので。
後日PUの高さ調整のためにPUとボディーの間にスプリングを入れましたが…。


12066007_1083678185016975_6888499917809519435_n.jpg


配線。
うっかりPUの線を切り過ぎました。うかつです。
まだ余裕が少しあるので良かった、良かった。
もう少し丁寧に配線できるようになりたいです。

エマーソンのワイヤリング済みキットとか最高に美しいので
あんな感じに仕上げてみたいものです。


完成してさっそくアンプで鳴らしてみましたが、
ミニハムより100倍いいぞ!

かつてES135を持っていた時はP100の音があまり好きになれなかったけど、
このLPに積んだダンカンのP90は全然違う!
ボディの構造も何もかも違うから比較するのは間違っているかも。
けど、本当に好み。
クリーンもクランチもツボです。

交換して良かった〜〜と本気で思いました。
数万の出費で病の封じ込め大成功でした!



ついでにこんなモノも購入。

12806086_1086580391393421_5718873030522322100_n.jpg

大学時代に借りたまま我が家に置きっぱなしのBassのブリッジを修理するために
バダスのコマのネジを注文。
そこらでこれ売ってないんですよね。

あとキャンディタイプのビタミンQも。
こちらはグレコの335コピーモデルに取り付け予定。



ギターいじりは楽しいです。
nice!(0)  コメント(0) 

インフルエンザでございます。 [遊び]

ただいまインフルエンザA型を発症中でございます。
流行に乗っております。

お仕事関係では大変ご迷惑をお掛けしております。
誠に申し訳ありません。


原因はおそらくコレ。

12741947_1077088879009239_4356372688773039931_n.jpg

3つ隣の席に死にそうな咳をしている小学生くらいの子どもと、
マスクをさせていないアホ親がいました。

2月のこの時期に密閉した空間で、あの咳がまずいな……
なんて思っていたら予想的中。

久しぶりのインフルでしかも発熱期間も長引いて、全快出来ていません。

まだしばらく低調なコンディションで仕事するしかありません。
忙しいのに困りました。

本当にすみません……。


……。


nice!(0)  コメント(0) 

あけましておめでとうございます [仕事]

160108.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年もいろいろ仕事しました。
本年も忙しくできるとうれしいです。

どうぞよろしくお願い致します。
nice!(0)  コメント(0) 

肉離れからのエフェクター?? [遊び]

151119-1.jpg


この間、息子とサッカーをやりました。
かなり一生懸命やった結果……




左足ふくらはぎの肉離れ……



実に情けない……



普段運動しないくせに、たまに調子乗るからこういう事になるのです。

本当に反省。


まあ、MTBで骨折やら、うっかりギックリ腰やるよりは、
仕事に影響が少ないのでよしとします。

基本座りっぱなしなので、、、、。



さて、そんな歩くのもままならない中、今度の週末はバンドの練習。

脚を引きずりギターをしょって、くっそ重いボードを手に持って、、、、


なんて絶対無理。




ここでようやく私に正義が降りてきました。

このエフェクターを買うべき正当な理由が!!!


151119-2.jpg
TECH21 SansAmp FLY RIG 5

「だって小さくて軽いじゃん」
「これならギグケースに入れて、シールド2本あればいいし」

なんてね。


まずは机の上でPOD HDにつないでいろいろテストしてみました。

とにかくつまみが小さいので設定がやりにくい!
そこだけが悪くて、あとは問題なし! むしろ良し!

何せ見た目がいいし、造りもいいし、ノイズはゼロだし、音も良い。

Radial TONEBONE PLEXTUBEのような
チューブ独特の粘り気はないけど、
SANS AMPでしっかりと音を作ってから、PLEXIで歪ませると
うちのPRSでも満足の行く音が作れました。

HOTのブースターも良いです。クリーンにブーストかけて2つの音色作れるし、
歪みでも音圧アップが出来ます。

こんなに小さくても4つの音が作れるし、さらにディレイまでついているので
欲張らない人なら、これ一台でかなり満足できるはず。

兄弟機種で「TECH21 SANSAMP RK5」ってのがあるけど
これはこれで違う音がするらしいので、欲しいかも。

物欲はとどまることを知りません。
もちろん私も知りません…。



nice!(0)  コメント(0) 

サッカースクール [遊び]

二男の練習試合のため、市川にある某サッカースクールに行きました。

私の住んでいる練馬区あたりでは考えられないような広さと奇麗さの人工芝のピッチ。
見ているだけでわくわくしてきます。

151103-2.jpg

こんなとことで思い切りプレーしたら、楽しいだろうな…。

151103-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

Manfrottoの雲台 [遊び]

12045210_1002487116469416_7200278861923172869_o.jpg

D810を買ってから、レンズやストロボなの機材も増えましたが、
ここのところのメーンの使い道が息子たちのサッカーの試合を動画撮影する、という事。

学校のグラウンドなどで三脚なんて大げさなので、
20年も前に買ったManfrotto25周年記念アルミ三脚セットについていた
一脚に、大型自由雲台を付けて撮影してました。

携帯性と機能的には問題ないのですが、
唯一パンをする時にガクガクしてしまう。
画面で見るとかなり不快な振動になっています。


そこでいろいろ探してみると
ManfrottoのMVM500Aというビデオ一脚にあたりました。

こちらはビデオ雲台に、ズゴックの爪のような脚が一脚から生えています。

評判は普通よりやや良いみたいなのですが、雲台にパンする機能はなくて
足下のズゴックの爪でパンをするとのこと。
確かにそれで問題のガクガクとしたパンは解消できるけど、
雲台が大げさすぎてなんか惹かれません。

どうせビデオ雲台にするなら手持ちの三脚にも付けられたら
一石二鳥!  ということで、
三脚用の雲台に、ビデオ一脚を合体させることにしました。

ということでMVH500AHという雲台を購入。

まずは手元の20年ものの一脚と合体!

12030544_1002916569759804_8280804004599213413_o.jpg

ネジ穴が違うので地味に3/8インチネジを1/4インチネジへの変換リングを購入したりして合体成功。

こんな感じで迫力あります。

SIGMAの50-500という大物を載せても雲台はびくともしません。
フルード雲台なので上下もパンもしっとりとした動きで安定しています。
これはいいです。

通常のスチルカメラ雲台よりも動きが遅い(重い)けど、望遠で撮影するにはちょうど良いかも。
野鳥とか鉄道にもいいかな…。私は撮らないけど…。


そして次にビデオ一脚の脚と爪の部分を購入。
Manfrotto 562B-1 というやつで、ビデオカメラプレートもついていますが
こちらはすぐに取り外し、そして先のMVH500AHと合体。

こちらの出番は明日の息子たちの試合となります。


ちなみに、先日のスーパームーンの時、家の中からですがこの雲台+一脚を使いました。
なにより雲台が使いやすいのでそれだけで満足。


こんな感じの月が撮れました。

150928.jpg

ピントが奥になっています。
難しい。少しシャープをかけました。
もっとばりっとピントがきたらカッコいいんだけどね。



nice!(0)  コメント(0)