So-net無料ブログ作成

山を走る(半年ぶり) [MTB]

120222-5.jpg

半年ぶりに山に行きました!

平日水曜です……。

その日は朝から仕事を待っていましたが、デザイン入れの連絡もなく……
このままぼーっとしてると夕方になる! しかも明日は雨!
ということで、突然思い立ち山に行きました。

大急ぎで準備して11時に出発、12時前にはライディングスタート。

空は曇りですが、さほど寒くなくいい感じの里山日和。

山に入ると、人は誰もいません。
途中散歩のおじさん一人とすれ違うくらい。

さすがに前半の登りはキツかったです。
きっとハードテイルではダメだと思ったので
Nomadを持ってきたのですが、これが正解。

半年ぶりに山を走るということは、テクも体力も悲惨なことになってて
Nomadにどれだけ助けられたことか。それでも半分で辛くて降りて押しましたが。

途中広場で少し休憩してすぐに下りに。

転倒もなく、楽しく下ってこれました。
下りのテクに関しては問題なし。良かった良かった。

120222-6.jpg

駐車場では、忙しくてセッティング出来てなかった
MINOURA VERGO EXCEL 車載用ベース 2台用を
Picassoの荷室に置いてみました。

軽くて扱いも簡単。値段も安いしとても良いのですが
私のMTBはバーハンドルの幅が780mmもあるため
荷室の左右いっぱいいっぱい!
これでは2台積むのは難しいなあー。

あとは汚れたタイヤを付けたまま車内に入れるのはやはり気が引ける。
ホイールバックもあるので、そちらを使ったほうが
Picassoには良いと思うし。

ということで、満足度はすごく微妙。

今回みたいに一人でちょこっとドライな山行くのには便利ですけどね。

3時すぎに家に帰って来たけど、まだデザイン入れはなし。
ということでNomadを洗車してきれいに出来ました。


今後も暇があったらどんどん山に行きます。
練習しないと上手くならないぜぇ!
nice!(0)  コメント(0) 

山に行ってきました。 [MTB]

この土曜に友人と近場の山に行ってきました。

某ショップの初心者ツーリングで使われるくらいの
緩やかな山で、MTBerには有名なスポット。

その日も自分達以外に数組or単独で走りに来ている方が
多数いました。

気軽に来れる近さ、そして里の近さ、
難易度の程よさと、多くの人が走りに来る訳がよくわかりました。

最終的には尾根伝いに降りてくる長めのコースを2周しました。
尾根なので適度な登り返しもあり、また根っこも多いので
かなりいい練習になります。

登りも、ものすごくキツい斜度ではないのですが、
長い距離をダラダラと登る前半と、最後の最後にグアっとくる斜面が合わさって
私の超運動不足の体では結構体力を使います。
ここを平然と走れるようになりたいものです。

山の高さからも杉がメインなのは仕方ないのですが
花粉症には少々つらい日でした。

春から初夏と植物が元気になると、走るのは辛そうなので
早めにもう一度行きたいところです。

今回走ったところ以外にもコースがいくつかありそうなので
今後探してみます。

FxCam_1299299492409.jpg

一年ぶりのハードテイルでのトレイル。
実は結構からだにきます。
フルサスに慣れるのはいかんですな。

富士見以外はハードテイルで行きたい所存でございます。
nice!(1)  コメント(0) 

明日は山に行ってきます [MTB]

明日は山に行ってきます。

花粉はキツそうですが、そんなことは気にしないで
強気に行きます。

初めて走る里山なのでどきどきですが、
またもやJetboilを担いで行く予定。

FxCam_1299206734335.jpg

33rpmのタイヤも山用に交換したので
ひさしぶりにハードテイルを山で堪能の予定。

以前に比べて、少しはハードテイルを乗りこなせるようになっていれば
とても嬉しいのですが……。


nice!(0)  コメント(0) 

スノーライド! 泥だらけ [MTB]

2月発行本の締め切りと風邪&インフルエンザの妨害を振り切り、
この日曜になんとか山に走りに行けました。

110220-1.jpg
↑雪がかなり残るスタート地点

今回は山梨の某山で、MTB乗りにはかなり有名なトレイル。
私はいつも走りに行く仲間3人と行きましたが、
集合場所や山の登りで、某プロショップのご一行さまと遭遇。
そのお店は、私がNomadのホイールを通販で注文したり、
フォークのことを相談したりしたショップ。
100224-1.jpg
↑かつてこれを組んでもらいました。ありがとうございますー。

登りの担ぎ&押しで休憩しながらおしゃべりしつつ行きました。

その中に、去年9月に「MTB日和」のカナダライドに行った時に訪れた
クロマグファクトリーで働いていたJinyaくんが!

カナダの次に山梨のトレイルで再会という偶然。

彼の華麗なライディングは、下りのタイミングが違ったので拝めませんでした。残念。
ほかに機会があれば、ぜひ見たいものです。

さて、分岐でjinyaくん&ショップの皆さんは下りへ。
我々は山頂を目指しました。
が、途中雪かかなりのこり、MTBにはきついアイスバーンに。
ということで引き返して下り始めました。

あ、お昼は当然Jetboilでカップヌードル! 重かったけど、雪の残る山では
温かいものが沁みます。

わくわくどきどきの下りですが、すぐに雪の残る道。
いちおう先行した皆様の轍がありましたが、
それがレールのようにガイドになり、
前輪を切ろうが何しようがそのまま滑っていく感じ。
止まるなら脇の雪に突っ込め! というドキドキ感からか
テンションはあっという間にMAXに!

ぎゃー。
110220-2.jpg

うひぃー。
110220-3.jpg

いやっほー。
110220-6.jpg


ただ残念なことに、
雪→溶ける→泥、という法則は避けられず。
標高が下がってくると雪もなくなり、泥時々枯れ葉というコンディション。
なるべくタイヤをロックさせないように、
かつなるべくスピードに乗って、天然のバームを駆け下ります。

あー最高だ。
最高すぎて写真なんて撮ってられません……。

途中のドロップは、私ごときに飛ぶ勇気はなく回避。
いつかチャレンジしたいけど、バックサイドが見た目怖いので、無理かな…。
カナダなみに整っていたら、チャレンジするところですが……。

ふと我に返ると、サドル泥だらけ、ケツ泥だらけ、顔に泥、Nomadもドロドロ。
110220-4.jpg

念のために輪行袋をクルマに積んでおいてよかったです。
車内が泥で汚れることは避けられました。

途中滑って立ちゴケ&脚ツリがありましたが、
基本的に怪我もなく終わりました。

問題は泥MTBの洗車……とおもっていたら
翌朝早起きして時間があったので洗いました。
ちょっと雑ですが、とりあえずOK。

110220-5.jpg
これでまたすぐにライドに行けますよー!

さて次は……どこに行こうかな??
花粉症のことは考えないこととします……。


nice!(0)  コメント(0) 

走り初め2011 [MTB]

昨年とほぼ同じタイミングで

同じ山に走り初めに行ってきました。

一日良い天気で、気持ち良く汗かけました。

転倒もなく無事終了…。

110123-1.jpg
ここ最近は登りがあってもNomadです。
33rpmは通勤で使っているので、どちらに乗っても
あまり違和感は感じません。

慣れとか、常に乗っていることって大事ですねー。

今回のメーンは山を走ることよりも
物欲で買ったJetboilの初陣ということで…。

カップヌードルをあつあつのお湯でいただきました!

110123-2.jpg
うまし!
からだ疲れているところに温かいカップヌードルは最強です。
クセになりますね!


そういえば、締め切りがすぐじゃないか! 終わるかな??
明日はデザイン入れがあって、仕事ができるといいなー。



nice!(0)  コメント(0) 

走り納め〜REGZAフォンの対処の仕方 [MTB]

今月も月末ギリギリにようやく走りに行きました。
結局毎月1回くらいが限界です。
もっと行きたい、上手くなりたいと思いつつ、事務所への通勤さえ
毎日とは行かないこの現実……。

それでも、前よりは常にMTBに乗っている機会が増えているので
たとえ通勤でもなんとなくノル練習にはなりますし、実際に山を走っても
以前よりもすぐに体がほぐれるというか、MTBなじむ感じがしました。

何事も回数と時間の積み重ねですね。
3段跳ばしで上手くなることは無いですね。いい歳して実感してます。

ということで今回走ったのは高峰。

186157_919696975_240large.jpg

MTBライダーなら、もちろんご存知のこの風景というところですよね。
有料のトレイルです。

5年くらい前に行くことになっていたのですが、流れ、
昨年も天気が悪すぎて流れ、
三度目の正直と言ったところでしょうか。

初めてのコースなので、とにかく様子見の走りでしたが、
コース自体は富士見よりも面白い!
縦と横をどちらの動きも遊べて、霜柱が融けてドロドロというところが無ければ
もっと攻めて、倒せて、遊べることでしょう。

次は少し暖かくなったら、ですね。

186157_919696976_27large.jpg

気持ちいい疲労感とともに……。


さて、日々愛用しているREGZAフォンですが
昨日ある時間からお知らせのための青いLEDの点滅が消えなくなりました。

初めて電源を入れた時もそんな状態で、戸惑ったのですが
たいていはSPモードメールがサバーに来たというお知らせのことを示しています。

今回もそうだろうと思ってメールを取りに行くのですが
肝心のメールもなく、ずっと青いLEDがチカチカ。

HOMEからの通知画面にもとくに何も表示されないし、
ただただREGZAフォンが何かを訴えています。

いくつかのキーワードでググったところ、
同じくSPモードメール以外に、Skypeのチャットによって…
というものありました。
試しにSkypeを入れたり、切ったりしましたが変化なし。
相変わらず青く点滅。

次の瞬間画面がブラックアウト!
わお!

これで購入してから3回目のブラックアウト!

どのボタンを押しても、電源を押しても反応なし。


ヤレヤレ……。


結局ふたを開けて、電池を外し、再び装着してから起動してみました。

しばらくすると、スルスルっと起動して、そして青い点滅再び。
しかしよくよく見るとホーム画面上のインフォメーションバーのところに
さっきまで無かった3つのアイコン表示があるではないか!

留守電…、SPモードメール…、通常のメール受信…

結局それぞれのリクエストに答えた結果、青い点滅が終わりました。


……REGZAフォンめっちゃ不安定じゃん!


どうも機能をしてはちゃんと働いているようですが、
それを表示するがんばりが足らない子のようで

そうなるとOSのご機嫌が悪くなるのかフリーズからのブラックアウト。

という推測です。


この機種は電池を外すのが従来の携帯を同じく簡単なので
今後もこんな感じで対処して行こうと思います。

似たような症状とお困りのひとが、このブログを見つけて、
そしてお役に立てばいいなぁと。

そう思います。


私のREGZAフォンは初期不良に値するのでしょうか?

それとも、こんなモンなんでしょうか?

教えてdocomoさん!
nice!(2)  コメント(0) 

一人で心の回復に…MTBでトレイル!2010 [MTB]

昨年に続き、秋も深まったこの時期に

一人静かにトレイルライド…。

誰かいっしょに走ってくれるひとがいれば
もちろん嬉しいのですが、平日暇な人って、なかなかいませんね。
寂しいです。


で、今回は寝坊しました。予定より2時間以上寝坊。

とりあえず大急ぎで家を出て、いつもの駐車場でちゃちゃっと準備。

準備運動もそこそこに走り始めました。

それが10時半くらい。

11時すぎには登山道に到着。

そこから濡れた枯れ葉がすべる山道を押し上がり……。


途中なるべく乗車して登るようにトライしたのですが、
すぐに息があがってダメでした。

カナダで痛感した登りの大切さ…。
少しでも練習をと思いましたが、全然練習になりませんでした。

目の前に見本になる人が走ってくれていると、
ペースも路面も分かってある程度頑張れるのですが
一人だとダメダメです。

101119-3.jpg

101119-2.jpg

101119-4.jpg

いつもの分岐でいつもの写真を撮って少し休憩。
ここで遠くからお昼の鐘の音が聞こえました。




101119-1.jpg

そして最後の階段を重いNOMADを担いで頂上に。

いい天気で暖かくて気持ち良い!
汗だらだらになったのですぐに着替えて
おにぎりをひとつ。

ほんとうは豚汁かけんちん汁を食べたかったけど我慢して
早々に下山開始。

途中4人くらいのハイカーとすれ違いましたが、
その度に少し立ち話…。

今回はいい人ばかりで良かったよ。


で、1時過ぎには駐車場に戻って、すぐに撤収。

自宅には3時前に着きました。
息子の幼稚園バスよりも早く着いたぜ!


いつも思うことですが、一人だとなかなか自分の走りがどうなのか分からず
上達しているの、現状維持なのか、悪化しているのか
まったくわかりません。

少なくとも、体力はたいして向上していないことはわかりました。


もうすこし自転車通勤の頻度を増やして、
体力向上に勤めます。


さて、いよいよ年末進行…


ってタイミングなんですが、

悲しいことに仕事がひとつ減ったので
今年はすこしゆったりした年末になりそうです。



nice!(0)  コメント(0) 

一人で富士見(二回目) [MTB]

102020-5.jpg
カナダから帰ってきて締め切り続きだったのが
ようやく抜け出せて、丸一日時間が出来たので
一人で富士見に走りに行きました。

101022-1.jpg
一人で走ると、自分の安全なペースでしか走れないので
上手くならないと思うのですが、
平日に富士見まで付き合ってくれる暇人はいないので
仕方ありません。

102022-3.jpg
ありぱのも終えた富士見は、どこか冬の気配を感じる寂しいものでした。



今回の目標は、カナダで感じたライディングの楽しさを
富士見であらためて感じること。


もともとコースの整備のされ方がまったく違うので、
カナダでのスムーズな高速コーナーやテーブルトップ、
絶妙にラインが取れるシングルなど、富士見には求められませんが、
それでも「何が気持ち良い走りなのか」が分かっているので
その理想に近づけるべく……。


路面は少しCの後半がウエットな所もありましたが、
ほかは程よく固まっていて、なかなか走りやすい。
ただ、でこぼこに荒れたところなどはかなりきつい。

今回はそのあたりもライン取りを考えて、避けるように走るのを目標に。

102022-4.jpg
Cを1本降りてから、Bの前半からCの後半という流れを3本。


休憩を多めに取りながら計4本を走りました。
もう一本行きたかったのですが、右手小指が痛くて
しっかりグリップするのが難しくなってきたので断念。
無理は禁物です。

102020-6.jpg
ということで終了〜。怪我もなく終わりました。


102022-2.jpg
帰りも渋滞もなく、夕方には家に到着。

なかなか充実した一日でした。



お約束ですが翌日は背中と腰がひどい筋肉痛でした。

nice!(1)  コメント(0) 

ちょっとカナダにMTB乗りに行ってきました。 [MTB]

9/5〜10まで、短い期間でしたがカナダのウィスラーにMTBを乗りに行ってきました。

マウンテンバイク乗りにとってはまるでメッカのようなウィスラー。
ウィスラーマウンテンバイクパークという、世界的に有名なゲレンデがあり、
いつかは走ってみたいと思っていましたが、予想外に早くその機会がやってきました。

仕事で関わっているMTB誌のライターさんからのお誘いで、取材に同行。
取材しつつ、乗りつつ…。いちおうカメラも持って行きましたが、
私はほとんど遊んでいるだけ。結果プライベートな旅行という感じ。

飛行機はJALでしたが、行きはなんと満席のためビジネスクラスに!
すげー快適でした。もうエコノミー乗れない(帰りに乗りましたが…苦痛だった)。

カナダはバンクーバー空港に着くわけですが、日本よりはるかに涼しい。
10月から11月にかけての気候。まだまだ暑い日本だったので、完全に油断。
防寒の上着を持って行かなかったので、ウィスラーで購入することになりました。

初日はバンクーバー市内を軽く観光してからウィスラーへ。
そうそう、現地でのアテンドは「ロデオサーカス」(http://www.rodeocircus.net/index.html
の辻さんが全て行ってくれました。
現地での送り迎えからトレイルガイドからパークでの先生までやってくれて
本当に快適でめっちゃ楽でした。ありがとうございます。

二日目からいよいよMTBに乗ります。
登りの体力がない私にはとてもキツかったのですが、それでも初心者に優しいという
「ロストレイク」という湖回りのトレイル。すべてのトレイルがしっかりと整備されていて
山の中をいくつものトレイルが走っています。地図がないと完全に迷います。
登りは日本のシングルの登りよりははるかに登りやすく、体力の限界まで頑張ってしまいました。
最後の最後で太ももをつってしまいました……。

下りはスムーズでラダーや岩もありますが、ほとんど下りられました。
今思い出しても楽しい下り。根っこも石もありますが、これまた走りやすい。
やっぱりしっかり手入れされているトレイルって素敵です。
日本でこの環境は無理なのかな……。

100906-1.jpg
↑高さのあるラダー初体験。幅が広いので全然平気。楽しい。超楽しい!

100906-2.jpg
↑岩岩道場が多数。岩の質なのか、すごくグリップします。カナダの岩すげえ。

三日目は天気がとても良かったのでウィスラーマウンテンバイクパークに。
まずは下のリフトにのって中級コースを下ります。
コースのほとんどはテーブルトップとスロープ、そしてときどきドロップ。
日本ではどれも体験したこのない規模。
それでも辻さんがアドバイスをいろいろしてくれるので、なんとか走れます。

コースの中盤にある有名なドロップ練習場で、一番低いドロップですが
8本くらい飛び降りました。
それも辻さんがしっかりアドバイスしれくれるので、もちろんすべて成功。
とは言え前輪を下げて、前後輪同時に着地するのは怖いですね。
ともかく、ここでアドレナリンが大噴出し、このあと一日中ハイテンション。

午後はガルバンゾゾーンの山頂から、下までのロングコースを走りました。
午前中の練習の成果か、テーブルトップでも、ホッピングからのゼロ荷重で
ふわっと浮遊感を味わえ、スロープでもしっかり体から倒していけて、
ラダーからのドロップのかなり怖かったですがクリアできて……。

100907-1.jpg
↑山頂から少しシングルを行くと、ゲレンデ直滑降。結構怖い。水切りが恐怖です。

さすがにA-Lineのハードなドロップはほとんど迂回しましたが、それでも十分楽しめます。
有名なカラテモンキーやニンジャクーガーというコースを走ったりと、お腹いっぱいの下り。
この午後のルートは午前に走ったコースの3本分あるそうです。

100907-3.jpg
↑富士見のBコースをスムーズにしたようなコース。SEASONSの最後に5人くらいで疾走する
シーンで映ります。超楽しい。

100907-2.jpg
↑ボディプロテクターは持ってきませんでした。フルフェイスは必須です。

コースを走り終えて休憩していたら天気雨が降ってきたので、ここで終了。
もう一本走りたかった……。

4日目はウィスラー周辺の鉄道線路沿いのトレイル。手袋を紛失し素手で乗ったのですが
手が痛くてとてもつらい…。この時点で登り体力はかなりなくなっていたので、
結構乗らずに押し上がりました。下りはもちろん快適なトレイル。
やはり岩にラダーにドロップにと盛りだくさん。そりゃ楽しいこと楽しいこと。

100908-5.jpg
↑コケが気持ちいい、岩からラダーへの下り。ラダーが狭く感じて結構こわい。

100908-4.jpg
↑そのむかし川が氾濫して流された貨車が森の中に多数。そこにドロップが作ってある。
もちろん私は跳べません。超怖い。

午後はクロマグのオフィスに立寄り、サドルを購入し、そしてペンバートンのトレイルへ。
こちらは私の体力を考慮してくれて、登りはすべてパスの車で搬送コース。
車からいきなり下りです。

このトレイルはかなり乾燥していて、砂砂のすべりまくり、煙立ちまくりの状態。
立っていてもずるずる滑る坂や、かなりエッジの効いたカッターのようなガレガレの岩や、
そして迂回ルートなしの岩や……コース名がミッションインポッシブルというだけあります。
私にはかなり難しいコースでしたが、それでも9割は乗って降りれます。
うーん楽しい。とにかく楽しい。手も腕も脚も腰も疲れて痛いですが、
そんなこと忘れるくらい楽しい。ああ楽しい。

100908-3.jpg
↑結構ガレてます。マジパンク注意でした。

101008-2.jpg
↑一番最後に鎮座する岩の上から。ここを降ります。私は迂回しましたが……。

こんな感じであっ言う間すべての日程が終わってしまいました。

100908-1.jpg
↑カナダ仕様のMyBike。サドルを急遽クロマグにしました。とてもいいサドルだね。

最終日は飛行場に向かって帰るだけ……。残念だなー。


さて、今回のカナダライドでわかったことを箇条書き

1 自転車の種類は関係ない。ハードテールでもフルサスでも楽しめる。
2 フロントは130mm以上あったほうが良い。
3 タイヤは2.35以上の太いタイヤが良い。
4 前は2枚のほうが楽しい。1枚だと登りがまったく楽しめないです。
5 とにかく体力。そう、登りの体力が大事。私は完全に失格でした。
6 下見が重要。なんども歩いてしゃがんで、考えて。初見で行くのは危険。
7 問題はほとんどメンタル。とにかく恐怖心との闘い。迷ったら腹をくくって行け。
8 テクはフツーにあれば良い。富士見が走れるひとなら問題なし。
9 JALは箱にコンパクトにつめて、折りたたみ自転車と申告すればチャージなし。

MTBに関してはこんな感じでした。

私は英語がほとんどできませんが、やさしいカナダィアンのおかげで、
ひとりでうろうろしても心配なし。買い物も快適でした。

ということで、思い出に浸っていますが、来年も絶対行きます。
今から、来年の日程を考えておきます。

これから1年間、またカナダを走るためにいろいろ頑張ります。
まずは体力! とにかく体力! 結局体力!!

100909.jpg
来年の渡加を誓って…さらばカナダ!

nice!(1)  コメント(0) 

仕事が来ないということで…走りにいきました。 [MTB]

負けません。

いろいろなモノに。
頭痛とか、天気とか、仕事とか…。
強い意志がないと遊ぶこともままなりません。

ということで、たまたま予定されていたデザイン入れが延びたり、
手持ちの仕事が早く印刷に入れられたりと、ラッキーが重なったので
一人で富士見パノラマに走りにいきました。

さすがに金曜朝に誘ってすぐに一緒に走りにいける暇人はいませんよね。
当然ひとりきりです。

100709-1.jpg
↑ひとりだとろくに写真も撮りませんね。これだけです。

ともかく天気予報はぎりぎり持ちそうなので、まずは現地にカッ飛びました。
ちょっと出るのが遅かったので走り始めたのが11時。
それでも続けてCコースを2本。
頭のなかで色々考えて、それを実行に移しつつ…。
まあ、前回よりは全然速く走れました。
まだコーナーリング中の姿勢がイマイチですね。
滑るのが怖いです。

午後はもう2本と行きたかったのですが、雨が本降りになり
Cコース1本走って終了しました。
バイク用ウエアの着替えを持ってなかったので、このまま走り続けたら
風邪をひいてしまいそう…。

泥だらけのBIKEを洗車して早々に退散しました。

20人くらいしかライダーのいないガラガラのパノラマで
二人の知り合いに会ったのは驚きです。
そんなこともあるんですねー。

とりあえずこれで山走りたいストレスはすっきりしました。
忙しい夏を乗り越えられそうです!

010709-3.jpg
↑どよーんと雨の予感♥。そんな富士見です。


nice!(0)  コメント(0)