So-net無料ブログ作成

アナログ・マイ・ブームつづき(中古盤をDigったり新品買ったり) [アナログレコード]

ここ最近は、何か良い曲を聴くとまずアナログ盤があるか検索から始めます。

大抵のモノはiTunesstoreやAmazonなどで聞いたり買ったりできる、すでにデータになっていることが多いので、別に買わなくても良いかな〜と思います。なのでせっかく買うならアナログ盤のほうが、なんだか有り難みがあります。



ということでラジオで紹介していたこのアルバムを新品で購入。HMVの通販です。

170330.jpg
Tony Bennett「Duets 2」

ラジオでノラ・ジョーンズとのデュエット曲「Speak Low」を紹介していて、これがまた素敵だったので購入しました。ジャズボーカルってあまり好きではないのですが、これはジャズというより普通のポップス感覚。最近にいい音で録音されたものを、あえてアナログ盤でスピーカーから大きな音で聴く、というのが最高に気持ち良いです。180gの二枚組、オランダ盤。



170318-1.jpg
Ray Bryant「CON ALMA」

まだ高校生の頃「ジャスに興味があるけど何も知らない」という状態の時に、友人からCDのセットを借りたことがありました。それは出光でガソリンを入れて抽選に当たるともらえる5枚組くらい(たぶん)のコンピCDでした。1枚ごとにテーマが決まっていて、ジャズやロック、ポップスなどの洋楽の中から選曲されていて、そこでこのレイ・ブライアントの「コン・アルマ」という曲を知りました。なんとも軽快で、夜の湾岸線をゆるーっと走っているイメージ(当時は免許ないけど)で、すぐに好きになりCDを買いました。今でもよく聴く曲なのですが、そのアナログ盤を発見。思わず購入。こちらも通販。日本版。70年代当時のシュリンクがまだついています。全体に軽いタッチの演奏で、気軽に聴けるのが良いです。ついつい針を落としがちです。ちょっとプチプチノイズが多めなのが残念ですが。



170318-2.jpg
ベートーヴェンの交響曲第7番
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


のだめで有名な曲です。生まれて初めてクラシックのレコードを買いました。もちろんCDでも買ったことありませんので、正真正銘初めて買ったクラシック。クラシックは昔から興味がなくて、たまたまのだめが好きになったので、ピンポイントで漫画の中に出てくる曲が聴く程度。だからこそ? 今回のマイレコードブームの中で、絶対に買いたかったのがこのレコード。指揮者もオーケストラもまったく知識ないですが、この組み合わせは無難&最高らしいので、見つけて即注文してしまいました。実は父から同じもののCDを借りてはいるので、同じ音源としては何度も聴いているのですが、レコードのほうがゆったりと大きな音で聴けます。音の立体感もあるような気がします。ともかく、何度聴いても飽きません。こちらも針を落としがちです。西ドイツ盤。プチプチノイズ多め。


普段はSHURE M-97XEで聴くのですが、せっかくのクラシックということでortfonのMMC30で聴いてみました。

170318-3.jpg

もう針先にあまり余裕がありませんが、まだ現役でいけます。これで聴くと、MMで聴くのと全く違うからびっくりします。とにかくプチプチノイズまで全く不快に感じない。ノイズも音として、全て取り込んでしまい、耳に届けてくれます。MCカートリッジって本当に不思議です。

俄然MCに興味が湧きました。高いものはとてつもないので買えませんが、数万の安いものでも良いので新品を買おうと思っています。ネットで評判を探しても安いMCのものはあまり見つからず、正直判断がつかないので保留中ですが。DENONの103も気になるし、そのうちに。


170318-4.jpg

自宅のmk5と事務所のmk4を入れ替えてみました。理由はなんとなく。mk4とmk5って明確に違う機種ですね。音が違うかどうかはわかりませんが、リスニング用とDJ用の差があって面白いです。テクニクスというメーカーが型番を上げるために、用途に合わせてしっかりと改良を続けてきた(コストダウンだけに走らない)良心的なメーカーということがわかりました。今度発売になるSL-1200GRも相当期待できますね。本当は1200Gがほしいけどなー。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。