So-net無料ブログ作成

アナログ・マイ・ブームつづき(ダストカバー取り付け)  [アナログレコード]

レコードブーム絶好調です。

自宅の仕事机の脇に置き場所をつくり、常にレコードかけられる環境にしました。

そこでガサゴソとレコードの替えるのですが、その度にダストカバーを持ち上げて、とやっていると手を滑らせて盤の上に落としそうになったり、床に置いたら足で引っ掛けたりと、ロクなことがないので、ヤフオクでダストカバーのヒンジを入手することにしました。

170223-1.jpg

即決なので早いです。出品者様本当にありがとうございます〜。まあ、お値段に関しては基本的にメーカー生産完了品たちなので、、、、そこは我慢。新しいSL-1200シリーズが発売されれば、共通パーツはまだ出回るでしょうけど。

で、さっそく作業開始。

基本的にドライバーだけあればOK。

170223-2.jpg

まずはスタートポジション。こんな感じで穴がポチッと空いていますが、ここをそのまま使うのか??



170223-3.jpg
雑誌の山を利用してウマを作り、パーツを外したターンテーブルをひっくり返し、ねじをすべて外します。そして裏ブタをずらし、さらに次のフタのネジを数個外し、本体のプレートを外します。



170223-4.jpg
今回入手したパーツの中からプレートとヒンジケースを取り出して組み立てます。


170223-5.jpg
もとの位置に戻してネジを締めます。この時ネジがキツイので、棒ヤスリで穴を面取りして広げてみました。気持ち程度ですが。力でグイグイいっても大丈夫かと思いますが、、、。



170223-6.jpg
外した裏ブタも元にもどして、正しく置きます。


170223-7.jpg
ダストカバーにヒンジユニットをネジで取り付けてから差し込みます。この時ネジは締めこまずに差し込んでから締込みましょう。



170223-9.jpg
以上で完成!



170223-8.jpg
欠けているダストカバー。アクリル板を切り出して、ここに接着しようか思案中。うまくいくかな〜〜?


ということでダストカバーの開け閉めが簡単にでき(当たり前!)使い勝手が向上しました。良かった良かった。


さて、もうそろそろ注文したレコードが届くころだが……。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。