So-net無料ブログ作成

6弦ベース! [遊び]

気がつけば3本目の6弦ベース(笑)。

160917-12.jpg
まず1本目はTRB1006J。
専門店で中古で購入。これが良いベースでした(過去形)。オークションで売却済み。今回のベースの購入資金になりました。とにかくセットアップが完璧。あれでインドネシア製というのだから、日本製、アメリカ製など、ただのブランド。アドバンテージにはなりませんね。ヤマハということで軽く見てましたが、私の誤解でした。この個体は素晴らしかったです。音も10万円台で考えればかなり良い。好みの音も作ることができました。ただ、弦間が17.5mmくらいと私にとっては狭い。それが手放す一番大きなの理由でした。


そして2本目はTRB-JP2(写真なし)。
先の1006Jが良かったのだから、その上位機種になるJP2はさらに良いだろうと思い、某大手楽器店中古で購入したのが間違い。ネックはかなり反っていて、12F〜18Fでは音がつまり、1F〜6Fあたりではフレットそのものが浮いている。ブリッジはサビサビだし、PUポケットもホコリだらけ。前の持ち主の程度も知れるし、そもそも仕入れた店もまともにクリーニングもセットアップもしてない。買うたびに後悔する某大手楽器店ですが、今回でギターやベース本体を買うのは最後にします。小物類は買いますけど、もう本体は買いません!!!!!!!!!!!!
ということで、わずか10日程度で返品しました。
ちなみに、しばらくしてフレットのすり合わせをしたとしてwebに載り、さらに私が買った店舗から違う店舗に移動。そしてまた違う店舗に移動してどこかの誰かが購入された模様。どうかその人が幸せでありますように……。





そして今回の3本目。
F-bass BM6です!

161219-3.jpg


JP2を返品してから、まず条件を決めました。しっかりとしたリペアマンのいる信用のおける店舗の中古を買う! ということ。あとは値段はきっちり予算内に収めること(高すぎず安すぎずね)。さらにメイプル指板であること(100%好みの問題)。弦間は18〜19mmであること。スーパーロングスケールであること。
これらの条件を満たすベースまでは手を出さないと決めました。
そして日々ネットを徘徊するなか、意外に早くみつかりました。

ということですぐに商談を申し込み購入。あっという間に手元にきました。


F-Bassは日本上陸初期のころに評判がすごく悪かった記憶があるのですが、ここ10年くらいはかなり評判が良いみたいで、ネットでオーナーだった人や現オーナーのブログを見たところ、やはりクオリティーが格段にアップしたようです。

さらにいろいろ検索すると、前の持ち主のかたのブログを発見(意外にあっさり見つかった(笑)。
その方がすごくしっかりと手入れして弾いていたようなので、おそらく履歴に問題はない。先のJP2とは大違い(笑)。これでとにかく安心です。

161219-1.jpg


いざ手元に届いてみると、理想的なベースでした。形は全く違うけど、弾き心地はジャズベそのもの(やや大げさ)。ボディも重すぎず(5kgを少し切るくらい)バランス良し。ネックも薄く弾きやすく、そしてフラットで弦高も低い! 音もジャズベのそれに近く、アクティブでも癖があまりなくて指でもスラップでも気持ち良い〜〜。

161219-2.jpg

マイナスなところは、アクティブのパワーが少し足らないところ。前のオーナーさんもそのブログで書いてましたが、私も同感。まるでパッシブベースみたい。もっとパワー感があっても良いのにな〜。
アクティブサーキットを換えるorPUを換えることで改善する(たぶん)けど、音が変わってしまうのももったいない。ということで、現状のままで使う予定です。



あまりに嬉しくて(そしてたまたま暇だったので……)ダミーの雑誌誌面を作ってみました。


161219-5.jpg


写真は自宅でチャチャっと撮ってみました。こんなアングルでスタジオでしっかりライティングして撮影したら良いだろうな〜〜と妄想しつつ。今更F-Bassのことを記事する雑誌など(タイミング的に)無いと思いますが、1本についてこのくらいの長さでたらたら語ってくれる雑誌があったら楽しいのになあ。
レイアウトは海外の雑誌のパクり(敬意を払ってのオマージュ)です。フォーマットは右綴じ縦組みの雑誌ですが、その中にも横組みを使うことは多々あるので、そんなイメージで。毎月ベースやギターのレビューが2〜3本載っていたら楽しいな。もちろんアンプとかでも良い。



161219-4.jpg


※ダミー誌面の文章は適当です。ただの想像、妄想、妄言です。ご了承ください。




ベースマガジンなどを見ても、どうしてもベーシストにスポットを当てる記事が多くなっているので、思い切り楽器本体を語っていても良いかな、と思います。ビルダーの想いとか戦略とか開発秘話とかそんなのをたっぷり読みたい人なんです、私。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。