So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アコギ購入 [遊び]

やってまいりました。恒例の症状。

忙しいからのストレス発散無駄遣い。

HF45S-01.jpg

今回はアコギでした。
直前まではジャズベが欲しかったのですが、用がなくなってしまった&デジマートのMartin Times動画にはまってしまい、ものすごくマーチンが欲しくなったので結果アコギを買いました。


さすがにいきなりマーチンを買う腕も余裕もないので、しばらくはとても安いギターで練習です。

そこで候補にあがったのがHadwayのHF45Sというモデル。

OOOタイプのショートネックで、マーチンのOOOとほぼ同じような作り。
価格が10倍違うので、ネックもバック&サイドも材が違いますが、まあ雰囲気的にはOK。

問題はこの手の安いギターを買う時のお店選び。

大手のお店にみたいに店頭にどがーっとならべて置いてあるようなのは論外。
かといって在庫取り寄せ&発送みたいなwebショップでは、どんなギターが送られてくるか完全にギャンブル。

そこで予ねてより目をつけていた楽天にあるこのショップで購入してみました。

https://www.rakuten.co.jp/koeido/


なんといっても評価が良い。そして発送前のセッティングが良い(らしい)。
ということで、店長が一度は触り、ネックとナットの状態を確認してから送られてくるようなので安心できる。ありえない弦高できたり、ネックが反っていたり、あるいは弦が錆びていたりと、海外生産の安物ギターにありがちな残念なことは起きなさそう。

ポチって翌々日には小樽からこちらに届きました。

ギター発送用のダンボールで送られきたのですが、とても残念なチープなソフトケースに入ってました。もちろんそれが付属品なので当たり前なのですが、実はここまで低価格な楽器を買ったのは初めて。ダンボールを開けたその瞬間は軽く後悔しました。


しかし!!!


ギターを取り出してチェックしてみると感動が!
弦高、反り、そして弦の巻き方とどれもビシッと調整されています。

ああ、弾きやすい。
指も痛くない。

音に関しては、まだ全く弾かれていないので、パリパリのスカスカな感じがします。若い音とでも表現したらよいのでしょうか。ですが、ずっと触っていられるギターなので今後の熟成が楽しみです。


ということで、しばらくはこいつで練習です。

まずはGONTITIのコピーから始めます。

HF45S-02.jpg

HF45S-03.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

事務所を模様替え2  [遊び]

前回ギターハンガーは割り算を間違えて間隔が近くて、ボディーがでかいギターだと隣同士がぶつかることが組んでから判明。そのままでは使い勝手が悪いので横に渡した角材を裏返して、もう一度ギターハンガーの位置を計算しなおして取り付け。無事に完成しました。

170925-5.jpg

170925-4.jpg
↑完成



さて、隣の部屋は壁に有孔ボードを取り付けて工具をぶら下げることにします。こちらも有孔ボートをオイルで塗って2×4材にネジで取り付け。天井のコンクリートの間隔が微妙で、3枚使って壁をすべて隠す予定でしたが、今回は2枚にしました。余った1枚はどうしようか悩んでます。


170925-1.jpg


壁が終わり、あとは工具類をどう収納するか。こちらも悩んだ結果、アストロプロダクツでツールチェストのセットを購入。APのマークを外せばなかなかいい感じ。そちらにこまごましたギター部品や掛けられない工具類をしまい、残りは有孔ボードにフックを使って掛けることに。いろいろ悩んでとりあえずこんな感じで暫定で完成。

170925-8.jpg

使い勝手がいいか悪いか分からないので、徐々にアップデートする予定。とりあえずこれで模様替えの予定の2/3完了。仕事が忙しくなってきたので、のこりはしばらく先になるでしょう。


今回の作業で電動ドリルドライバー一つだど、下穴を開けてネジで止めるのにドライバービットとドリルに交互に付け替えるのがとても手間だど気がつき、もうひとつ購入することに。ドリルドライバーはあるので、インパクトドライバーにしました。そして買うなら同じのBLACK&DECKERで揃えたいと思ったけど、現行のBLACK&DECKERのデザインがあまり好きではないので、今持っているものと同じデザインの物を探しました。

170625-9.jpg

170925-10.jpg


アマゾンで見つけて購入。右のインパクトドライバーSX5000です。
購入の時点からちょっと気になっていたのですが、発売されたのが12年前のモデルで、私が左のドリルドライバー(SX3000)を買ったのが2012年。その時点ですでに古いモデルだったのですが、今回届いたインパクトドライバーの製造年をみたらなんと2005年! 発売当初のモノじゃないか! まさにデットストックでした。電池ニカドだし、いろいろ心配でしたが、とりあえず問題なく使えました。アフターパーツで充電池もまだ新品で入手できるのでまだまだ長く使えそう。


模様替えの残りは、合板を使った本棚製作と2×4を使ったワークベンチの製作です。はやく作りたい!!


ひさしぶりにDIYしましたが、とても楽しいですね。もっと効率をよくするために工具がいろいろ欲しくなりました。ベルトサンダーとスライド丸のこ、テーブルソーが欲しいですね。買っちゃおうかな〜〜。



nice!(0)  コメント(0) 

事務所を模様替え1 [遊び]

いまの事務所に越してきて4年経ち、大掛かりな模様替えをしてみました。

いままでは少し広い部屋に机を2つ並べ、狭い部屋に本棚とオーディオを置き、使う部屋と物置のような感じにしていましたが、今回は仕事をする部屋にオーディオ+本棚+楽器をまとめ、もう一つはギターをいじる部屋+物置と分けてみました。

まずは一番居る時間の長い、仕事をする部屋の模様替えをしました。

Macの乗っている机の位置を変え、壁側に2×4材と突っ張りアジャスターを使ってギターハンガーラックを自作しました。

170909-1.jpg

2×4材は近所のシマホで購入。長いものだけカットしてもらい、あとは事務所内で丸ノコのカットしました。サンダーでやすりがけしてから、オイル(自宅のフローリングで使っているリボスのアルドボス)を1回塗り。70mm木ネジで組んで完成です。

ギターハンガーはHERCULES GSP39WBを6個用意しました。

総額約16000円。なんと言ってもギターハンガーが高かったです。


その後本棚とオーディオを移動させ、資料の雑誌たちを選別しながら並べ直して終了。
以前よりもレコードプレーヤーが近くなり、操作がしやすくなりました。

170909-2.jpg

170909-3.jpg

ギターハンガーをとめる位置は計算を間違えて、間隔が少し狭くなってしまいました。計算ミス!
これだとセミアコを隣り合って吊るすことができません。ここはやり直しをしないといけません。
残念です。

とりあえずギターもベースも適当に掛けていますが、気分によってギターの位置を変えてニヤニヤできそう。アレンビックのベースは重量があるので、とりあえず吊るさないで下に置いておきました。
6本吊るすと約25kg くらいなので、2×4の突っ張りアジャスターの強度としては全く問題ないと思いますが、念のためです。

次はもう一つの部屋の模様替えをします。有孔ボードを注文したので、それが届いたら一気に進める予定です!



nice!(0)  コメント(0) 

針先を接写 [アナログレコード]

そういえば手元にNikon AF-S Micro NIKKOR 60mm 1:2.8G(フルネーム!)があったので、カートリッジの針先を撮影してみました。


2M-RED-s.jpg
ortfon 2M-RED (新品下ろしたて)


M44G-s.jpg
SHURE M44G

N97xE-s.jpg
SHURE M97x


V15TYPE3-BK-s.jpg
SHURE V15 TYPE3
このあとうっかり落としてしまい針を破損(←バカです)。涙×3。
高いけどオークションで純正を手にいれるか……。

でコレ↓
VN35MR2-s.jpg

オークションでデットストックを落札しました。高いね。
でも、あるべきものがない(私が壊したんだけど)というのも気持ち悪いので
さっさと入手してみました。


VM35MR-s.jpg
あらためてSHURE V15 TYPE3。こちらはカートリッジによくよく観察すると「山水」と彫ってありました(笑)。写真では写ってませんけどね。入手したVN35-MRをさっそく取り付けてみました。問題なく音も出ました。とりあえずよかったよかった。


V15TYPE3-red-s.jpg
SHURE V15 TYPE3
こちらの針は折れていますね。私が不用意に扱って折ってしまったのか??? ともかく、こちらはJICOの交換針にしないとダメですね。すまぬオヤジ。
ということでJICO 192-VN35Eを注文しました。

で、これ。

JICO-3.jpg

JICOs.jpg
安いほうです。neoSASの針はそのうちに。


MMC30-s.jpg
ortofon HMC-30



MC20-s.jpg
ortofon MC-20


MC10-s.jpg
ortofon MC-10


オメガ-s.jpg
ortofon omega


AT-MONO3LP-s.jpg
AT-MONO3/LP


備忘録でした。
nice!(0)  コメント(0) 

ortofon 2M Red !! [アナログレコード]

なんとなくアナログ系オーディオのショップのwebを巡回していたら、
ortofon カートリッジ 2M Red+ヘッドシェルセットのセットの特価品を発見!
そくポチっとしてGetしました!


170727-4.jpg

やったー!

オーディオテクニカ、SHUREのMMカートリッジを持っているので、ぜひortfonのMMも手に入れたいと思っていたのですが、たまたま安いものを見つけられてとてもラッキーです。



Redなので一番安価なやつですが、いつも聴いているのがN97xEなので、ランクとしてはさほど変わらないはず。まだ聴き比べはしてませんが、上から下までとくにクセもなく良く鳴っているように感じます。時間が出来たらしっかり聴き比べしてみたいです!

170727-3.jpg

170727-1.jpg

トニー・ベネットで試聴。


ついでにカートリッジのケースを4つ買いました。


170727-2.jpg

気がつけばSHUREが4兄弟に!! 左のV15TYPE3は2つとも父のですが、、、、。
どちらも針が限界に来ています。純正の針の新品はもう入手が難しいので、JICOの交換針あたりにしようかと思っています。純正どこかに売ってないかな〜〜。


さて、バンドを再開しています。相変わらず月1回のお遊びモードですが、
練習曲をさっさと仕上げようと、それなりに真面目にもやっております。
ライブなどの予定は全くないですが。

170727-7.jpg

そんな感じでなんとなくギターをいじりたいと思い、かなり前に入手しておいたPUと、それお組み合わせる純正のパーツを購入してみました。

170727-5.jpg

これによりロータリースイッチの呪縛から解放される! んですけど、トーンのミニスイッチのルックスは捨てがたい、、、、ということで、これを応用した別バージョンを組み込む予定です。アメリカから必要なパーツをさらに購入して到着待ち。こちらはまたあらためて載せたいです。


あと、コンプを買いました。

170727-6.jpg

BOSSのCS-3と迷ったのですが、なんとなく新しいモデルにしました。

いままでギターではコンプを使ってなかったし、ベースでもアンプに内臓されているのをONにしていた程度なので、今回は少し真剣に取り組みたいと思います。もしかしたらCS-3のほうがコントロールが簡単だったも、と少し後悔。気長に行きます!


という感じでちょっと無駄使いが多かった7月でした。
nice!(0)  コメント(0) 

アナログ・マイ・ブームつづき(クレーム)  [アナログレコード]

image1.JPG


3月に購入したディアゴスティーニの「ジャズ・LPレコード・コレクション 12」。
BILL EVANSのTRIO64で、大変素晴らしいアルバムなのですが開封してみたところ盤に傷がありました。仕方なくディアゴスティーニに交換をお願いしたところ、数ヶ月かかると言われました。

で、待つコト3ヶ月、交換品が送られてきました。ということで同じレコードが2枚になりました。傷のあるほうは返品不要ということなので、とりあえず手元に。


何度聴いてもいいアルバムです。


ここ最近少し物欲を抑えているので、中古盤もあまり増えていません。
それでも数枚買ってるけど。

そのあたりのことはまた後日。

nice!(1)  コメント(0) 

アナログ・マイ・ブームつづき(中古盤を海外通販で) [アナログレコード]

170425-1.jpg
いままで幾度となく利用してきましたが、今回レコードで初めて海外から購入してみました。

「cdandlp.com」というサービスを利用して、フランスのショップから2枚購入(輸入)。総額の4割が送料ですが、同じものを日本で買う半額ですみました。


170425-3.jpg
Chick Corea「Akoustic Band」スイスプレス盤
GRPから出ているアコースティックバンドの第一弾。このアルバムが大好きなんです。持っているジャズのアルバムの中で一番かもしれません。もうCDが主流になっている時代なのでデジタルマスター録音されていますが、それのアナログ盤。DDDのCDももちろん持っていますが、どうしてもアナログが欲しかった。ヤフオクで出品されていますが、不当に高いような気がします。なので必然的に海外から購入となりました。盤面もまあまあ綺麗で、ノイズも許せる範囲。購入して大満足の一枚。


170425-2.jpg
AC/DC「High Voltage」ドイツ盤

どうせ高い送料がかかるので一枚だけだともったいないので、ついでに購入。AC/DCも70年代のレコードは日本では高いような気がします。今回購入したのと同じくらいのジャケットコンディションでも、1.5倍くらいします。ジャケットの一部が破れてますが、当時ものということを考えればコンディションは悪くないと判断。盤面もクリーニングしたら想像よりも綺麗で音も問題なし。こちらも購入して大満足でした。


さて、時系列としては少し遡って、今月の中頃に仕事が落ち着いたので新宿のディスクユニオンに行ってみました。紀伊國屋書店の並びにある新宿中古センターです。

170405-3.jpg
EW&F「I AM」
お値段も安いので購入。それなりのコンディションだけど問題なし。EW&Fは本当にイイ。何度も書くけど、レコードで片面通して聴くのが良い。曲をぶつ切りで聴いちゃダメ。20分くらいの曲としてまとめて捉えると良い。連続ドラマではなくて映画の感じ。伝わるかな??


170405-1.jpg
Stevie Wonder「Innervisions」UK盤
もう言うことなし! 100億点!! 盤面汚いわりにノイズ少なめ。あたりでした。


170405-2.jpg
Stevie Wonder「Songs In The Key Of Life」

新入荷の箱で発見。少し高かったけど衝動買い。そして失敗。見た目綺麗なんだけど、音が良くない。ノイズも多くとても残念。音跳びもある、、、、。音楽は100億点良いのですがとても残念でした。



で、なんかもやもやした怒りのままディスクユニオンの通販で新品をぽちっ!
到着まで3週間かかりましたが、、、。


170420-1.jpg
Stevie Wonder「Songs In The Key Of Life」180g オランダ盤。

新品輸入取り寄せです。届いてから開封してません。音楽は同じですのでわざわざこれで聴かなくても良いです(謎)。再販ものなので、ジャケットが微妙。複写が甘い。よく見比べるとオリジナルとトリミングも違う。かなり大雑把ですが、そんな違いがあるのがまた愛おしい。しばらくは2枚のKey of Lifeを並べてニヤニヤしようと思います。そして気が向いたら針を落としてみようと思います。


そして数日前に、仕事の帰り道にある中古レコード屋によってみました。江古田にあります。
そこでまたまたStevie Wonder関係を購入。

170420-1.jpg
Stevie Wonder「Fulfillingness' First Finale」日本版

はい連続100億点。わかりきってます。
しかし意外なことに気がつきました。

170420-3.jpg
170420-2.jpg

ジャケット表面が縦に開くんですね。CDは横開きになっていて、それが普通だと思っていたら違いました。レコードジャケットは立体物として凝ってデザインできるのが良いですね。大きいしデザイナーとしては相当気合いが入る仕事だったのでしょう。CDになりサイズが小さくなり、データになりもはや外側が存在しないこんな時代、デザイナーとしてはどても悲しいです。レコードジャケットのデザインしてみたいな〜〜。

170420-2.jpg
Stevie Wonder「Journey through the Secret Life of Plants」US盤

こんなアルバムがあるの知りませんでした。私は「Music of My Mind」から「Songs in the Key of Life」だけが最高に好きな、すごく狭い心のSWファンなんですが、この店のレコード1枚1枚には手書きの札が付いており、そこに「あまり売れなかったけどとても良い曲が多い、インストも良い」と書いてあったので、その言葉に惹かれて買ってみました。

確かに確かに良い曲が多いです。wiki情報によると西田ひかるがアメリカ時代過ごしていた少女の頃にコーラスで参加しているとか。謎の日本語の歌詞もあり、いろいろ面白いアルバムです。サントラとして発売されたのに、その映画は公開されていないという曰く付き。そもそもスティービー・ワンダーって映画観られないのにね。

そんなこんなでStevie WonderとEW&Fがたいぶ集まってきました。


まだまだレコード集めは続きます。

nice!(0)  コメント(0) 

アナログ・マイ・ブームつづき(中古盤を通販で) [アナログレコード]

ここ数日に手に入れたアナログ盤です。


170417-1.jpg
Evans, Bill,Hall, Jim「Undercurrent」 Amazon新品

これもジャケット買いの部類です。とはいえ大好きなジム・ホールとのデュオですし、CDではなんとなく買っていなかったアルバムなのでアナログ盤で。全体に地味なトーンでつまらないな〜〜という印象でしたが、何度も聴いているうちにじわじわと沁みてくる不思議な感覚。テンションが高くない演奏なので、こちらが身構えていると肩透かしを。でもこちらが油断しているとちょうど良い押しに。気持ち良く聴き流せる素敵なアルバムでした。買って良かった〜〜。新品のシュリンクは破れない派です。



170417-4.jpg
EARTH, WIND & FIRE 「BEST OF VOL.2」 ディスクユニオン中古通販

CDで持っています。安かったです。盤面汚かった! バランスウォッシャーで磨き甲斐がありました。ノイズも結構ひどいです。見た目の傷はないんだけどね。中身は何度も聴いたことのあるモノなので、特に言うことなし。EW&Fはイイ。



170417-2.jpg
INCOGNITO「TRIBES VIBES+SCRIBES」 ディスクユニオン中古通販

CDで持っています。なかなか中古で見かけない盤です。傷もノイズも多め。そして盤面汚い! これまた磨き甲斐がありました。値段も少し高いのにな〜〜残念。こちらも何度も聴いている内容なので特に言うことなし。



170417-3.jpg
山下達郎「オン・ザ・ストリート・コーナー」 ディスクユニオン中古通販

これはCDでも持っていなかったので、見つけられてちょうど良かったです。値段も手頃。傷、ノイズもありますが、ヨシとします。山下達郎も大きめの音で聴くのに最適ですね。リバーブ感が気持ち良い! これも何度聴いても飽きません。買って良かったー。


レコードはまだまだ増えていく予感。
中古盤を探すの楽しいです!



nice!(0)  コメント(0) 

アナログ・マイ・ブームつづき(中古盤をDigったり新品買ったり) [アナログレコード]

ここ最近は、何か良い曲を聴くとまずアナログ盤があるか検索から始めます。

大抵のモノはiTunesstoreやAmazonなどで聞いたり買ったりできる、すでにデータになっていることが多いので、別に買わなくても良いかな〜と思います。なのでせっかく買うならアナログ盤のほうが、なんだか有り難みがあります。



ということでラジオで紹介していたこのアルバムを新品で購入。HMVの通販です。

170330.jpg
Tony Bennett「Duets 2」

ラジオでノラ・ジョーンズとのデュエット曲「Speak Low」を紹介していて、これがまた素敵だったので購入しました。ジャズボーカルってあまり好きではないのですが、これはジャズというより普通のポップス感覚。最近にいい音で録音されたものを、あえてアナログ盤でスピーカーから大きな音で聴く、というのが最高に気持ち良いです。180gの二枚組、オランダ盤。



170318-1.jpg
Ray Bryant「CON ALMA」

まだ高校生の頃「ジャスに興味があるけど何も知らない」という状態の時に、友人からCDのセットを借りたことがありました。それは出光でガソリンを入れて抽選に当たるともらえる5枚組くらい(たぶん)のコンピCDでした。1枚ごとにテーマが決まっていて、ジャズやロック、ポップスなどの洋楽の中から選曲されていて、そこでこのレイ・ブライアントの「コン・アルマ」という曲を知りました。なんとも軽快で、夜の湾岸線をゆるーっと走っているイメージ(当時は免許ないけど)で、すぐに好きになりCDを買いました。今でもよく聴く曲なのですが、そのアナログ盤を発見。思わず購入。こちらも通販。日本版。70年代当時のシュリンクがまだついています。全体に軽いタッチの演奏で、気軽に聴けるのが良いです。ついつい針を落としがちです。ちょっとプチプチノイズが多めなのが残念ですが。



170318-2.jpg
ベートーヴェンの交響曲第7番
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


のだめで有名な曲です。生まれて初めてクラシックのレコードを買いました。もちろんCDでも買ったことありませんので、正真正銘初めて買ったクラシック。クラシックは昔から興味がなくて、たまたまのだめが好きになったので、ピンポイントで漫画の中に出てくる曲が聴く程度。だからこそ? 今回のマイレコードブームの中で、絶対に買いたかったのがこのレコード。指揮者もオーケストラもまったく知識ないですが、この組み合わせは無難&最高らしいので、見つけて即注文してしまいました。実は父から同じもののCDを借りてはいるので、同じ音源としては何度も聴いているのですが、レコードのほうがゆったりと大きな音で聴けます。音の立体感もあるような気がします。ともかく、何度聴いても飽きません。こちらも針を落としがちです。西ドイツ盤。プチプチノイズ多め。


普段はSHURE M-97XEで聴くのですが、せっかくのクラシックということでortfonのMMC30で聴いてみました。

170318-3.jpg

もう針先にあまり余裕がありませんが、まだ現役でいけます。これで聴くと、MMで聴くのと全く違うからびっくりします。とにかくプチプチノイズまで全く不快に感じない。ノイズも音として、全て取り込んでしまい、耳に届けてくれます。MCカートリッジって本当に不思議です。

俄然MCに興味が湧きました。高いものはとてつもないので買えませんが、数万の安いものでも良いので新品を買おうと思っています。ネットで評判を探しても安いMCのものはあまり見つからず、正直判断がつかないので保留中ですが。DENONの103も気になるし、そのうちに。


170318-4.jpg

自宅のmk5と事務所のmk4を入れ替えてみました。理由はなんとなく。mk4とmk5って明確に違う機種ですね。音が違うかどうかはわかりませんが、リスニング用とDJ用の差があって面白いです。テクニクスというメーカーが型番を上げるために、用途に合わせてしっかりと改良を続けてきた(コストダウンだけに走らない)良心的なメーカーということがわかりました。今度発売になるSL-1200GRも相当期待できますね。本当は1200Gがほしいけどなー。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 

アナログ・マイ・ブームつづき(中古盤をDigったり) [アナログレコード]

まだまだまだ続きます。


レコードプレーヤーを購入してからディスクユニオンに行くという楽しみが増えました。CDの時よりも、レコードは何があるのか掘らないとわからないという楽しみ。在庫が結構動くので次に行っても同じものが見つからない、という一期一会的な楽しみ。


ちょっと欲しいな、という盤を見つけたら、その瞬間に買うか買わないか判断しないと「次来た時でいいや」では買えない可能性が高いので、かなり真剣に掘ります。調子に乗るとかなりの予算オーバー(1回につき予算は1枚1000円以下、合計金額は3000円まで)になるので、慎重に選びます。よって結構長居しちゃうんですよね。ある意味、とても楽しい暇つぶしができます。


さてここ数週間で手に入れた盤たちです。


170310-8.jpg
EW&F 「SPIRIT」

これもCDで持っていない&安いという理由で購入。EW&Fは1曲だけど聴くというよりも片面ずつに曲のストーリーがある感じがするので、レコードでじっくり聴くのに向いています。安い盤なので傷やノイズはありますが、そんなことは気にならないくらい気持ち良く聴ける1枚です。やっぱりEW&F好きです。今後も安い盤を見つけ次第購入していくつもりです。できれば日本版ではないものを、ですが。だって日本版って帯がカッコ悪いんだもの。「魂」とか「太陽神」とか「黙示録」とかそんな漢字がドーンと帯にあるのって興醒めします。日本版は帯がある状態で売られていることが多いですが、私はその帯が不必要です。ついでにライナーもなくていいかな。なんて私ちょっと捻くれてますね。




170310-6.jpg
Chick Corea「return to forever」

このジャケット格好良くないですか? この写真大好きです。という理由で購入。聴くと私としては「なんだかな〜〜」という気持ちになります。70年代のジャズ〜クロスオーバーでこんな小難しいことをしれっと演るのが格好良かったのでしょうか? 私にはわかりません。買ったからには聴きます。けど好きじゃないんだよな(笑)。私はアコースティック・バンドをしているチック・コリアが好きなのです。アコースティック・バンドのレコードがあったら(あるのか??)即買いします。CDで持っているけど。




170310-5.jpg
GRANT GREEN 「IRON CITY」

生きていれば私の父と同い年、ということでなぜか記憶されているギタリストのグラント・グリーン。ES-330がトレードマークですね。初期のころのCDしか持っていなかったのですが、ギターマガジンの「進撃のジャズファンクギター」特集で、この人がファンキーなギタリストになっていったということを知りました。俄然興味が湧きレコードで探したところこのアルバムは安く手に入りました。「Live At The Lighthouse」という有名なライブ盤はプレミアがついて高いので仕方なく中古CDで買いました。で、このアルバムはまさにNew Mastersounds。いや、逆か。こちらが元ネタだし。ともかく好きです。これもずっと流していたいアルバムですね。オルガンジャズとファンクギターが最高です。この時期のグラント・グリーンも見つけたら即買いかな(お値段次第だけど)。




170310-3.jpg
JIM HALL 「LIVE」

これも有名なアルバム。けどCDでは持っていなかった&ジャケットが好きなので購入です。


この裏面が好きです! お茶目。

170310-4.jpg

ジム・ホールも好きなギタリストですね。あまり攻撃的ではなく、優しい音色のアルバムです。それでもライブアルバムとしての空気感はしっかりと録音されています。ジム・ホールならもっと好きなアルバムはあるけど、これもなかなか良いです。ノイズが少しひどいところがあるけど値段も安かったし、仕方ないです。




170310-7.jpg
incognito 「beneath the surface」

比較的初期のアルバムですね。こちらは渋谷のレコファンの通販(Amazon)で購入しました。CDで持っていません。けど聞き覚えのある曲が多いので、ライブなどで演奏される曲が多々収録されています。良くも悪くもインコグニート。いつも通り。残念なことに値段の割には盤の状態が悪く、ノイズが酷いトラックが多い。相変わらず中古屋の盤の評価の基準は謎です。バランスウォッシャーと精製水を使い入念にクリーニングしましたが、あまりノイズの改善は見られませんでした。本当に残念です。インコグニートで状態の良い盤とかってあるのかなあ? そもそもインコグニートの盤が探しにくいので、期待はしてません。もうインコグニートの盤は買わなくて良いかも。CDのほうが良い。



170310-2.jpg
Norah Jones「Featuring」

こちらはHMVの通販で購入。Yahooの使用期限が迫ったポイントがあり、どうしても使わなくてはいけなかったので、安いからという理由で購入。新品なのに盤に擦り傷あるんだよなー。このあたりに完璧をもとめるのは無駄なのかもしれないですが、Negiccoのレコードなど傷ひとつないピカピカな盤だったので、どうしてもそういう綺麗なものを求めてしまうんだよなー。このアルバムはノラ・ジョーンズがカバーとコラボをいろいろしたモノ(超雑な説明)なんですが、いい曲(好きな曲)はいいけどダメな曲(嫌いな曲)はダメ。少し小さなヴォリュームで聴きながすのに向いているかも。全体通してジャズではないですね。






170310-1.jpg
ディアゴスティーニ・ジャズLPコレクション12号
BILL EVANS 「TRIO 64」

こちらはヨドバシの通販で購入。ポイントがあったのでそれを使いました。CDを持っていないので、購入。ビル・エヴァンスの絶頂期を過ぎたころになると思いますが、これはこれで名演だと思います。ビル・エヴァンスはあまり興味がないのですが、軽やかな曲が多くずっと聴いていたくなるアルバムです。ただ、ディアゴスティーニのレコードでよくあることですが、私が購入した盤は擦り傷がひどかったです。明らかに傷による「スッ、ススッ」というノイズが入るのでディアゴスティーニに返品をお願いしました。すると4〜6週間で代わりのレコードを送るとのこと。手元のレコードは返品不要、ということなので、そのまま聴いています。

ビル・エヴァンスは聴かず嫌いなところがあったので、レコードで集めていきたいです。


こんな感じにどんどんレコードが増殖しています。

少し暇になったらまたDigりに行きたいです。今度は何に出会えるのでしょうか?



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -